FC2ブログ
プロフィール

アイキャッチスタッフ

Author:アイキャッチスタッフ
アイキャッチ社員ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アイキャッチの目のつけどころ~社員版~
九州、熊本にある印刷会社のスタッフによるブログです。ビジネス、プライベートの両面から切り開いていきます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
観察すること
こんにちは。
広報委員の友尻隆晴です。

4歳の娘と砂場で遊んでいたら、近くにいた大きな蟻(アリ)に興味を持ったみたいなので
後日、飼育用キットを購入して2週間ほど一緒に観察してみました。

蟻さん1

子供は、少しずつ出来上がる蟻(アリ)の巣を飽きもせずに毎日見ていましたが
私は以前で聞いた事がある「働きアリの法則」を思いしました。

蟻さん2

○働き蟻(アリ)のうち、よく働く2割の蟻(アリ)が8割の食料を集めてくる。
○よく働いている蟻(アリ)と、サボりながら働いている蟻(アリ)と、完全にサボっている蟻(アリ)の割合は2:6:2になる。
○よく働いている蟻(アリ)2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリにかわり、また2:6:2の分担になる。
上記の内容だったと思いますが、実際に見ていると本当に巣作りを頑張る蟻(アリ)とサボっている蟻(アリ)に
分かれていきました。
サボっている蟻(アリ)にも意味があり、仕事の量や疲労を考えてコミュニティーを形成しているようです。
この話は人間のにも良く例えられますが、今の自分はどこに当てはまるのか・・・・。

身近な事でもよく観察すると、原理・原則・法則が成り立っているのが良く分かりました。
自分でやってみると、色んな事を考えさせられますね!
仕事の上でも、自分でやってみて、よく観察して、新しい発見が出来るように頑張りたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

○ちなみに蟻(アリ)さんは、2週間後に全て元の砂場にかえしました。



スポンサーサイト